イオンシネマが常時500円割引になる映画割引クーポンの入手方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

映画好きでなくても、やはり映画館の大スクリーンで観る映画は家のテレビで観るのとは違いますよね。

近頃はイオンモールが各地にできて、そこに併設されるイオンシネマで映画を観るという方も多いのではないでしょうか?

イオンシネマでは各種割引が用意されているので、他にもお得に映画を楽しむ方法があるはず!と思い、色々と調べてみたところ、思った通り様々な割引情報が見つかりましたので、まとめてご案内したいと思います。

イオンシネマの割引を知ってしまうと、通常料金で観るのがバカバカしくなってしまうほど。知らずに1,800円で観ていた頃の分を取り戻したい~!

もくじ

イオンシネマの通常料金

わが家の最寄りのイオンシネマ(多摩センター)では、通常料金は以下の通り設定されています。ゴールドクラススクリーンというプレミアムクラスがすべての劇場に設定されているかはわかりませんが、基本的にすべての劇場で同じ料金設定になっているかと思います。

一 般 1,800円
学 生(大高生) 1,500円
小中学生 1,000円
幼 児(3歳以上) 900円
障がい者割引 1,000円※付き添いの方2名まで
3D上映 鑑賞料金+300円
3D専用メガネ代 100円※お持ちの場合はかかりません
ゴールドクラススクリーン 鑑賞料金+500円

イオンシネマで使える21の割引方法

調べたところ、ぜんぶで21の割引方法が見つかりましたので以下にまとめました。

イオンエンターテイメントマガジンのクーポンを利用する

全国のイオンシネマ劇場で無料配布されているイオンエンターテイメントマガジンに付いているオトクなクーポンを利用してお得に映画を楽しむことができます。

無料配布していてクーポン付きというのは嬉しいですね。

だいたい月初に発行され、無くなり次第配布終了なので、最寄り駅やお近くのイオンモールなどにイオンシネマが入っている場合は早めに入手しておきたいところ。

ドコモチューズデーで毎週火曜日は1,100円

dポイントクラブ会員と同伴者1名まで、毎週火曜日にイオンシネマで映画を鑑賞するとひとり1,800円が1,100円になります。

平日なので使える機会が限られてしまいますが、火曜日が祝日にあたる場合でも利用可能な割引なのでぜひ活用したいところですね。

dポイントクラブはドコモユーザーでなくても会員になれるのが嬉しいところ。

dポイントはドコモじゃなくても、つかえる共通ポイントです。街やネットのお店でのお買い物で、dポイントをためたり、つかったりできます!さぁ、はじめよう。dポイントクラブ♪

U-NEXTのイオンシネマWEBスクリーンのトライアルで新作映画が0円に

U-NEXTが31日間無料で見放題になるトライアルに申し込むだけで、もれなくイオンシネマで新作映画がタダで観れるキャンペーンを実施中です。無料トライアル期間終了後も継続利用した場合、更に追加で1回分の新作映画がタダになります。

イオンカード支払いで映画料金300円割引&毎日20日と30日の月2回は1,100円に

イオンカードで映画代金を支払うと、いつでも300円割引になります。

さらに、毎月20日と30日の月2回はお客様感謝デーでイオンシネマの劇場窓口または『e席リザーブ』で、イオンマークのクレジットカードを提示(e席リザーブでは支払い)するだけで1,100円になります。

イオンシネマのイオンカード特典ついてご説明します。お近くのイオンシネマ及び映画に関する情報はこちらからどうぞ。

夫婦50割引でひとりあたり1,100円に

イオンシネマでは夫婦50割引という割引サービスを用意しており、ご夫婦のどちらか一方でもいいので、50歳以上であればご夫婦ふたりで2,200円で映画が鑑賞できます。

この割引でひとりあたり1,100円になるので、年を取るのは嫌なことばかりではないですね。

株主優待カード(オーナーズカード)は特典割引が多数

イオンの株主になると「オーナーズカード」というものが発行されます。

劇場でチケット購入する際に劇場窓口でこの「オーナーズカード」を提示を提示すると同伴者の人数制限無く割引サービスが利用可能になります。

このオーナーズカードの特典は割引が多数あるので以下にまとめました。

■通常料金からの割引

  • 大人、大学生、高校生→300円引き
  • 小中学生→200円引き
  • 幼児→100円引き(幼児料金の設定がある場合のみ対象)

■毎月「20日・30日お客さま感謝デー」でもさらに安くなる

  • 大人、大学生、高校生→鑑賞料金1,000円
  • 小中学生→200円引き
  • 幼児→100円引き(幼児料金の設定がある場合のみ対象)

■「ハッピーモーニング・ハッピーナイト」料金からも割引される

  • 大人、大学生、高校生→鑑賞料金1,000円
  • 小中学生→200円引き
  • 幼児→100円引き(幼児料金の設定がある場合のみ対象)

■上記鑑賞料金の割引に加え、1枚のオーナーズカードにつき

ドリンク OR ポップコーン(本人のみ・有効期限:発行月含む 3ヶ月)が1枚進呈もらえます。

なんだか優越感も味わえるし株主になりたくなる優待サービスですね。

ワタシアター限定クーポン

これまでのモバイルクラブ会員、シネマチャンピオンからイオンシネマの新しいWEB会員専用サービス「ワタシアター」に生まれ変わりました。この「ワタシアター」に登録すると試写会やイベントに応募できるほか、おトクな割引クーポンがもらえます。

公式スマホアプリで貯めたポイントを割引クーポンに交換

公式アプリを利用するとe席リザーブでのチケット購入やゲームでポイントが貯められ、そのポイントを劇場で使えるおトクなクーポンに交換できます。映画の割引には使えませんが、ミニポップコーンなどと引き換えができるので、映画のお供として毎回ポップコーンを買うという方には実質割引と同等の嬉しい割引ですね。

ポップコーンとドリンクが付いているシネマギフトで割引

1枚1,800円でポップコーンSサイズ、ドリンクSサイズが付くシネマギフトを使えば、通常料金におまけ(ポップコーンとドリンク)が付く感覚で映画が観れますね。

シネマギフトは全国のイオンシネマで1枚から購入でき、有効期限は6カ月間、プレゼントする以外にも購入した本人でも利用できます。

ムビチケを使って最大400円割引

ムビチケで前売り券を購入するだけで最大400円割引になるので、事前に観たい映画と予定が決まっているのであれば、ムビチケを使って割引する方法もあります。

ハッピーファーストで毎月1日は1,100円に

毎月1日は映画の日。イオンシネマに限らず映画が割引で観れる、映画好きにはたまらない1日です。

イオンシネマではハッピーファーストということで1,100円で映画が鑑賞できます。

ハッピーマンデーで毎週月曜日は1,100円に

ハッピーファースト以外にもハッピーマンデーという割引もあり、これはその名の通り毎週月曜日に映画が1,100円で観れるという割引サービスです。

※新潟西、大日、高松東、宇多津では、ハッピーマンデーの実施はありません。
※新潟西、大日、高松東、宇多津では毎週水曜日にすべての方が1,100円で映画が観れる「サンクスデー」を実施しています。

ハッピー55(G.G)で55歳以上ならいつでも1,100円に

55歳以上ならいつでも映画が1,100円になります。

夫婦50割引と異なる点は、おひとりでも1,100円で映画が観れるというところです。

お孫さんとイオンモールにお買い物に行って疲れたときに映画館に立ち寄って映画鑑賞するなんていう使い方も良いですね。

ハッピーモーニングで平日朝10時までなら1,300円に

平日限定ですが、朝10時までに開始する映画がすべて1,300円になる割引です。

早起きは三文の得とはよく言ったものですね。

ハッピーナイトで毎日夜20時以降は1,300円に

お仕事帰りにもふらりと立ち寄れる、ハッピーナイト割引は夜20時以降のレイトショーで使える割引で、毎日1,300円で映画が観れます。

仕事で溜まったストレスを映画鑑賞で発散するといった使い方もできますね。

クラブオフの会員優待でいつでも1,300円に

京王パスポートカードやアメリカン・エキスプレス・カードなどを保有していると、リロクラブが提供する「クラブオフ」というサービスが利用できます。

このクラブオフがなかなかのスグレモノで、全国の様々なレジャー施設や宿泊施設が会員料金で利用できる福利厚生サービスです。

映画の割引サービスもあり、イオンシネマはいつでも1,300円で利用できます。

デイリーPlusの会員優待でいつでも1,300円に

デイリーPlusもクラブオフと同等のサービスで、こちらはYahoo!JAPANが提供する福利厚生サービスです。

デイリーPlusでもイオンシネマに限らず常時映画が500円割引になります。

個人的にとてもお世話になっているサービスで、お得な使い方や解約方法など以下の記事にまとめていますので参考にしてみてください。

デイリーPlusはみなさんご存知のYahoo!JAPANが提供している、1,000,000件以上の特典が最低価格保証で受けられる福利厚生サービスで、月額540円(税込)で映画、旅行、ジム、レンタカー、マッサージ、エステ、ホテルなどいつでも最低価格保証で利用できるというものです。

エポスカードの会員優待でいつでも1,300円に

エポスカードを保有していると、さまざまな優待サービスが受けられます。

サービス内容としてはクラブオフと近いものがありますが、こちらの割引サービスを利用するといつでも1,300円でイオンシネマを利用できます。

クーポン好きな方にとって、エポスカードは年会費無料のカードのなかでは最強クラスの利便性をキープし続けるカードとして超有名なので、まだ持っていない方は1枚作っておくと良いと思います。

エポスカード:http://epotoku.eposcard.co.jp/

JAFの優待で割引に

ロードサービスを提供するJAFでも全国のさまざまな施設で優待を受けることができます。

車をよく使ってお出かけする方にとって、JAFの優待は非常に優れたサービス内容になっているので、こちらもまとめた記事がありますので、以下を参考にしてみてください。

JAFといえば「ロードサービス」ですが、近年は「JAF優待割引サービス」という、全国のいろいろな施設をJAF優待割引料金で受けられるサービスにも力を入れています。JAF優待割引サービスで割引が受けられる施設情報や割引の受け方などをまとめてお届けしています。

dポイントクラブのステージがブロンズ以上ならいつでも1,300円に

docomoのサービスである「dポイントクラブ」のステージがブロンズ以上だと、イオンシネマの映画料金が1,300円になります。

dカードを持っていれば、一足飛びにブロンズステージになりますのでハードルとしては非常に低く、年に1度でもdカードを使えば年会費無料にもなります。

イオンシネマが常時500円割引になる映画割引クーポンの入手方法まとめ

以上、ぜんぶで21の方法をご案内しましたがいかがでしょうか。

本当に正規料金1,800円で映画を観るのがバカバカしくなってしまいますね。

普段使うサービスやクレジットカードなど、ご自身の身の回りにあるものを使ってお得に映画が観れるのでぜひ参考にしてみてください。

関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク